無料ブログはココログ

« 節酒日記 酒肴考 ピーマンの煮浸し | トップページ | 節酒日記 酒の締め あんかけ目玉丼 »

2006年7月26日 (水)

節酒日記 酒肴考 コーンポタージュ

「汁もんで酒がのめるけぃ」なんてセリフを聞くけれど、そんなわるいもんではないですよ。
缶詰のコーンだと甘すぎるけど(それはそれで美味しく食べるやり方がある)、夏のコーンは枝豆と拮抗するくらい。夏の酒をひきたててくれます。
ポタージュにして熱々のを一口、ホウっ。ビールをきゅー。
そいつを冷や冷やにして、ちゅる、ぐーっ。香りが、ふわああ。
どっちも最高です。

Conesoup

2本で98円のトウモロコシを買ってきました。
テレビの料理番組で見たら、モロコシの果実を芯から外すのに、ナイフを使って縦にさっと落としていたのが格好良かったから、そいつを真似ようとしたら娘が、「そのやり方は駄目。だって、美味しいところが芯に残ってしまう」「どうするの?」「指でポロポロとるの」

・娘がポロポロしてくれている間に、みじん切りにしたタマネギをオリーブオイル(で、ある必要はまったくない。好きな油でいきましょう)で茶色くなるまで炒める。モロコシ2本なら、中くらいのタマネギ半分を茶色くなるまで炒める。
(中くらいのタマネギってなんだろう?タマネギの平均身長だの平均体重なんて知らないぞ。茶色くなるまでたって、どんな茶色だ?
)(タマネギは手に持ってゆるくにぎれるくらい。自分の手のひらが自分にちょうど良い計量カップだと思いましょう。ちがったら加減してね)
(茶色くなるまで炒める。これも困る。「焦がさないように茶色くなるまで炒める」と言われても、焼けたり焦げたりしないと茶色くならない。タマネギの量を控えて、とっとと茶色くしてしまう)
・で、モロコシ、タマネギ、牛乳をミキサーにぶちこんで、ガーッ
・あ、ガーッとやる前に、粒々用のコーンは別にしておこう。
・鍋にガーッと粒コーンを入れてコトコト。
・最初はタマネギのガスみたいな香りが、ボワーっとしてくるから、「コーンを先にゆでておいたほうがよかったのでは」、と思うかもしれません。
・気にせず、煮こむ。やがて、モロコシの香りがブワッ、で、できあがり。

粒コーンを入れる前に、漉してザラザラを取っておくと舌触りがいい、というけど、コーンスープのザラザラって、いい舌ざわりだと思うけどなあ。

« 節酒日記 酒肴考 ピーマンの煮浸し | トップページ | 節酒日記 酒の締め あんかけ目玉丼 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85071/2817281

この記事へのトラックバック一覧です: 節酒日記 酒肴考 コーンポタージュ:

« 節酒日記 酒肴考 ピーマンの煮浸し | トップページ | 節酒日記 酒の締め あんかけ目玉丼 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31