無料ブログはココログ

« お残りde晩ごはん 和風ポトフカレー | トップページ | 節酒日記 酒肴考 ピーマンの煮浸し »

2006年7月22日 (土)

節酒日記 酒肴考 茄子のおひたし

Chasennasu060722
カレーを作ると、毎日毎日毎日毎日、食べ続けます。
昼飯や、呑んで、締め、にカレーを食べるのはいいけど、肴としてのカレーは一日で充分。
さっぱりといきたくなります。
さっぱり、うん、やっぱり、この時期、茄子、ですね。

●茶筅茄子のおひたし
茄子の煮浸し、というやつですね。
でも、出し汁のなかで煮てしまうと茄子の紫が出汁と混ざって食欲を遠ざける色合いになってしまったりするから、ここは一発蒸すことにしましょう。野菜は蒸すと旨いですよお。
大抵の野菜は電子レンジでもいいんだけど、茄子はチン!すると、レンジが出たらしなびてしまって、なんだかなあ、になるから面倒でも蒸しましょう(面倒じゃないし)。

・コブの出汁をひく
例によっての煮きった酒と味醂、醤油を加えて一煮立ち、してから「あ、カツオブシ(鰹削り節ですが。カツオブシ使いたいなあ)も入れたいなあ」、しかし、もう汁は出来てしまっている。
かまうものか、まだ熱々のつゆなんだから、と、つゆの中にカツオブシ投入。
冷めるまで放っておく。冷めたら漉す。
・茄子を茶筅に切る
かっこう良いなあ。こういことやってると気分は本格的。
茄子を半分に切って(ガブジュルっと食いつきたいときは丸のまま茶筅に切ればよい)切りはなさいようにスライス。茶道具の茶筅みたいでしょ、あ、スーパーで売っている茄子の天ぷらもこんな風に切ってありますね。
茶筅に切るのは伊達じゃあない。味がしみ込みやすくなるし、完璧スライスでばらしてしまうより食感がよいのです。(絵に描くと綺麗に出来ているなあ。本物はすべて厚みが違うスライスで構成されていました)
・茄子を蒸す
鍋の中に、穴が開いていて適当な高さのあるもの(焼き網の小さいのに杯かなんかで下駄をはかせてもいい。チン!は、いまいちといったけど、電子レンジで使える蒸し器でやるぶんには構いません)をひいて、その上までかぶらないよう水をはり、茄子を置いて(茄子を皿において蒸すと、茄子の紫が実の方に戻ってきてしまうから直のほうがいい)、自分が納得いくまで蒸す。私は実が透き通って感じがしてくるくらいが好き。
・つゆにつける
・冷ます
・冷蔵庫で冷やす

かつ節をかけても良いけど、鰹削り節だとボソボソするだけだから無い方が良いかな。
出汁は充分取れているから味的にも邪魔だし。

私がちまちまとスライスをはがしながら食べていると、相方が来て、「どれどれ」、ぱくっと一口。ヘタをポイ。
あの方が旨そうだなあ、と、パクッと一口。やっぱこの方が旨い。
でもね、これだとすぐに無くなってしまうんだよなあ。
つゆはたっぷり作ってしまったのだから、もっと茄子を買ってくれば良かった。

しかし、どこが節酒日記なんだろう…あ、呑む話しじゃなくて、食う話しになっているから文の中での酒という文字の量は減っているよね。

« お残りde晩ごはん 和風ポトフカレー | トップページ | 節酒日記 酒肴考 ピーマンの煮浸し »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85071/2759426

この記事へのトラックバック一覧です: 節酒日記 酒肴考 茄子のおひたし:

« お残りde晩ごはん 和風ポトフカレー | トップページ | 節酒日記 酒肴考 ピーマンの煮浸し »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31