無料ブログはココログ

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月29日 (金)

夢現今昔絵日記・彼岸花

Yumeututu_1
彼岸花の盛りですねえ。
ふと気がつくと庭の萩も盛りなのです。
『夢現今昔絵日記』も更新しております。

2006年9月28日 (木)

酒肴考・煮奴

Niyakko
湯豆腐、てのはよくやるけれど、この煮奴ってやつは忘れられて久しい。
江戸から続く伝統料理で、昔は居酒屋で暖かい豆腐といえばこいつのことだったのだとか。”肉豆腐”が煮奴の子孫といえば子孫かな。

■煮奴
豆腐(もめんでも絹でもお好きな方を)

醤油・鰹昆布だし・酒
に放り込んで
スが入るくらい煮る
芥子をのせて
熱いうちに食す

これだけ。
旨いよお。ビールにも酒にも焼酎にも合う。
簡単な料理だけど『豆腐百珍』にも紹介されている江戸前の味です。
多めにつくって、翌日に持ち越しましょう。
そのお楽しみかたは後日。

2006年9月26日 (火)

木と遊ぶ・竹炭づくり

05

毎年、手作りイカダレースに竹を使った船で参加しています。
かくして竹がずんずん余る。
前にテレビでやっていた(鉄腕DASHだったと思う)やり方を参考にして(はっきりとは覚えていない)竹炭をつくってみました。

03

準備するのはセンベイなんかが入っていたブリキ(みたいな)缶
あれば焚き火台
燃料(薪)

02

缶のはじっこ対角線に二カ所空気抜きの穴を開ける
ブリキ缶に竹をぎっしり詰める
竹が少ないときはアルミ箔でくるむ
焚き火をおこして、缶をのせる
ときどき蓋を開けて様子を見ながら1〜2時間焚く

04

これだとまだまだ
全体が炭化していれば完成

完全な炭じゃあないんで、焼き肉やったりするにはちっと不向き(すぐ燃えてしまいます)。
でもインテリアをかねてのニオイ消し、水質浄化なんかには使えますよ。
このやり方で、松ぼっくり、どんぐり、木の実なんぞも炭に出来ます。

Ikada
ちなみにこれがイカダ制作風景

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31